お客様の発展や存続のためにM&Aをトータル支援。期待に応えて無事に完遂できたときの充実感は格別。

投資銀行第三本部
金指 裕太  /  Yuta Kanasashi
2017年入社
TOP »  IR Japanでの働き方 »  金指 裕太

PROFILE

前職は証券会社でリテール営業を6年経験。株式発行企業のIR・SRに関心が湧き、コンサルタントを目指す。社内の雰囲気が良い意味でベンチャー企業のように自由闊達で、自身の貢献が会社の成長につながると感じた株式会社アイ・アール ジャパンに転職。休日は子どもとの触れ合いを楽しむ。
イメージ

現在の仕事内容

多様なM&A事案に対応し、
最適解を考えて提案・交渉・実行に移す

投資銀行部門で主にM&A(企業の合併買収)案件のアドバイザーとして、スケジュール管理や相手側との各種交渉、資金調達の検討、開示(公表)支援、当局対応などが仕事です。M&Aの動きがあるお客様を対象にアプローチし、一連の流れ・局面ごとの相談に乗って対応します。案件によって買収する側にも売却する側にも立つことがあり、近年では上場会社のMBO(Management Buyout)等による非公開化のアドバイスをさせていただくことも増えております。
またTOKYO PRO Marketという特定投資家(プロ)向け株式市場への上場支援も担当し、上場を機に更なる成長を目指すベンチャー企業の相談に乗り、上場に向けたアドバイスや資金調達の支援等にも関わっています。非公開化を決断する企業もあれば、新規上場を目指す企業もあるように、お客様の考え方は千差万別ながらもいずれも企業価値の向上を目的とする点は同じ。多様な方策から最適解を考えて、適宜支援しています。

イメージ

仕事のやりがい

財務や法律の知識も広げて、お客様をサポート
ニュースになるなど社会的影響の大きさも実感

M&Aは企業価値を算出する財務会計や法規制などの法律、適時開示のルールなど、さまざまな角度からの検討が必要です。幅広く深い知識を習得する必要がある点が大変でもあり、成長の糧になって面白いところです。普段は常にお客様のために何ができるかを考え、お客様にとって分かりやすい提案資料や文章にすることを意識しています。実際に当局(東証や金融庁)から開示資料等に指摘が入ることも多く、その内容をかみ砕いてお客様に確認・助言することが求められます。その場合でもお客様が気づいていなかったまとめ方や記載方法をアドバイスできると案件の進捗もスムーズに進み、感謝の言葉をいただけると嬉しいです。またM&Aや株式上場(IPO)など、重大な業務を無事に完遂できたときの達成感は格別。携わった案件がメディアでニュースに取り上げられると、社会的影響の大きさに充実感も得られます。

イメージ

職場環境について

高い意識と責任感をもって、お客様第一に動く
年次に関係なく提案でき、案件を任せてもらえる

周囲の先輩や同僚はみな、高い意識と責任感をもって仕事に取り組んでいる方が多いと感じます。時にスケジュールの都合でオフタイムにお客様企業の担当者から連絡が入ることもありますが、企業の命運がかかる重要事項を担当していることから「お客様第一」が自然に身についており、お客様のためにと考え動く傾向は強いです。また会社にとってプラスになることであれば、年次や経験は一切関係なく、重要な仕事を若いうちに任せてもらえますし、積極的に提案・実行できる雰囲気があります。課長などの役職がついても一人ひとりがプレイヤーとして、最後まで業務を遂行する使命感に溢れています。

イメージ

学生へのメッセージ

当社を見つけた時点で意識は高く、成長性は十分
前向きに取り組み、会社をリードしたい人は大歓迎

企業の再編が加速し、投資が急拡大する時代にあって、今後も上場企業における当社業務の重要性は増していくでしょう。当社は上場企業向けのIR・SRコンサルティング、PA(プロキシー・アドバイザリー)やM&Aアドバイザリーという専門的かつ先鋭的な仕事が主になります。皆さんは若くして当社に関心を持ってくださった時点で、意識が高く成長意欲が旺盛な方ではないかと思います。当社の投資銀行部門は、上場企業の経営陣や大手弁護士事務所、ファンドなど各方面と幅広い人的交流も活発で、このような様々な方々とのやりとりを通して、おのずと高いステージへとステップアップしていくことができるでしょう。常に前向きに仕事ができる人、自分の力で会社をリードしたいという方と一緒に仕事できることを楽しみにしています。