IR Japan

IR Japan 採用情報サイト

社員紹介

社員紹介

投資銀行部 倉石 琢弥一橋大学 法学部卒業

現在の仕事について

情勢の変化に即応してクライアントにソリューションを提案・提供

倉石 琢弥

私たちの仕事の一つに、株券発行会社のマネジメントと株主の意向が食い違った場合に、エクイティに付随する議決権を集めるというものがあります。どちらがどれだけ賛成票を集めたか。株主総会は発行会社にとっても株主にとっても天王山となります。私たちはそのどちらか一方のプロキシーアドバイザーとして、刻々と変化する情勢とリスクへの対応策を立案しています。
こうした発行会社の「守り」のアドバイスをする一方で、「攻め」の経営に関するご支援もしており、M&Aの提案及びエグゼキューションにも取り組んでいます。企業間の結合または事業再編をクライアントに提案し、売手側又は買手側のファイナンシャルアドバイザーとして、案件全体のプロセスを管理しクライアントの利益の最大化をサポートします。

自分のタスクについて

日常的には、M&A案件の提案を行っており、具体的には、そのための情報収集(業界動向・対象会社の分析、各種ニーズヒアリング等)、提案資料の作成、対面でのプレゼンをしています。実際にM&A案件を獲得した際には、そのエグゼキューションに注力し、プロセスの管理、交渉材料の収集、買収/売却価格の算定他、各種交渉支援を行います。一方で、プロキシー案件にリテインされた際には、株主構成を踏まえた議決権行使のシミュレーション等、株主総会でのクライアントの意向実現に向けた包括的な戦略アドバイスを行います。具体的には、タイムリーな情報の収集、各株主の特性把握、これらを踏まえた分析資料の作成等を担うことになります。

仕事の大変さ、苦労について

倉石 琢弥

上記の通り、M&Aでは、チームメンバーと共に案件のソーシングからクロージングまで一気通貫で携わります。M&Aでは取引金額が非常に大きくなる案件が多いこともあり、当たり前ですが、クライアントから当社や自分個人への信頼と期待を徹頭徹尾、裏切ることなくエグゼキューションを行うには、相応のプレッシャーあるいはストレスを伴います。また、プロキシー案件も同様に、シミュレーションその他の当社分析に誤りがあれば、案件全体の安定性を著しく損ねることになりかねません。ある程度のストレス下での、分析の正確性とスピード感が求められる場面があります。(このような場面があることの裏返しとして、案件が成功した時の達成感は他に代えられないものがあります。)

仕事の魅力について

当局からの承認が下り、案件がクロージングに向けて前進

私自身が関与した最初のM&A案件で、当社は買手のファイナンシャルアドバイザーでした。案件によっては、何等かの規制を受けるか否かを関係当局に確認し、承認を受けることが求められますが、本件において、私は当局に説明するための資料作成及び当局とのやり取りにリテインされました。常に上長からの指導を受けながらではありましたが、各種資料を纏めてそのM&Aが妥当であることを定量的に示し、無事に当局の承認を得た時には、安堵とともに達成感がありました。