IR Japan

IR Japan 採用情報サイト

社員紹介

社員紹介

投資銀行部 日下部 亮真成城大学 社会イノベーション学部卒業

現在の仕事について

常に一歩先を行くことが求められるコンサルタント

日下部 亮真

上場企業は、株主の議決権によって役員の選任、役員の報酬、資金調達等、経営上の重要な決定がされます。そのため安定的な経営を行うためには、その重要な決定権を持つ株主の議決権のリスクおよび動向を監視していかなければなりません。
当社は、議決権のリスク(議案の否決、株主提案、敵対的買収等)に関するアドバイスの他、株主を味方につけるシナリオ作りのサポートも行います。そのため変化の激しい株式市場で今何が求められているのか、常に最新の情報を把握し、クライアントのサポートを行うことが必要となります。昨日の情報が「もう古い」ということもあります。このように「常に一歩先を行くこと」が求められます。

自分のタスクについて

主に2つの業務に取り組んでいます。
一つ目はアクティビストと呼ばれる敵対的株主が上場企業に対し、配当の増額を要求したり、子会社の買収価格の引き上げを要求するなどの敵対的な活動を行った際に、上場企業に対しそれらのリスク対応を支援する業務です。また実際に狙われていない上場企業に対しても、自らが敵対的株主の目線で上場企業のリスクを洗い出す業務にも取り組んでいます。
二つ目はJ-AdviserというTOKYO Pro Market(マザーズやジャスダックのような成長企業向けの市場)への上場を支援する業務を担っています。この業務では多くの未上場企業と面談を重ね、株式公開までの支援を行います。

仕事の大変さ、苦労について

日下部 亮真

どの仕事も解決するセオリーがないことです。
企業毎に敵対的株主から要求されている内容が異なり、また同じだとしてもその時の外部環境や企業の状況は異なります。そのため常に自らで考え、仕事をしていかなければなりません。こちらの点は自らの成長につながりやすい反面、時間もかかり、悩むことも多いため大変なところだと思っています。

仕事の魅力について

信頼されているからこその依頼

直接「信頼しているよ」と言われた華々しいエピソードはありませんが、クライアントへのアドバイス内容がそのまま開示に反映されたり、プロジェクトが大詰めになると毎日電話を頂いたり、役員への報告内容を先方の担当者と一緒に考えたりと、クライアントに信頼されているが故にアドバイスを求められる場面が当社にはたくさんあります。そのようなケースに遭遇した時にやりがいやうれしさを感じます。