IR Japan

IR Japan 採用情報サイト

社員紹介

社員紹介

IR・SRコンサルティング部 加藤 優実立教大学 文学部卒業

現在の仕事について

加藤 優実

上場は市場から資金調達をオープンに行うことができる一方で、常に「会社は誰のものか?」という命題が問われるものです。株式を手にした投資家(株主)は、投資先の企業をファンとして支える力となることもあれば、時にその力を以て会社側に意見を通すこともできます。これは株式の持つ最大のパワーであり、リスクであると言えます。企業様にとって、このリスクをパワーに変えるには「株主との対話」が不可欠です。IR Japanは多数の上場企業様と築いたあらゆるノウハウを生かし、上場企業様にとっての"Power Of Equity"を最大に活かすため、常にベストな戦略を立案しご提供しています。

自分のタスクについて

投資家・資本市場を取り巻く状況下、上場企業様ごとにどのようなリスクがあるのかを分析し、株主と企業様の関係を友好に保つための最善策を提供します。一見クールに思われますが、粘り強く提案することが肝要ですので、中身はわりと体育会系です。

仕事の大変さ、苦労について

加藤 優実

業務に並行して、必須となる金商法や会社法だけでなく、最新の税制、国内外のガバナンスコード事情等、基礎から応用まで学習する事項が常にあります。
学生時代あまり学問熱心でなかったことが今となって悔やまれますが…先輩社員だけでなくお客様もベテランの方が殆どですので、日々沢山勉強させていただいております。

仕事の魅力について

前述の通り、日々新しい情報を得てコンサルティングに繋げることが必須なので、自身の努力次第であらゆるフィールドに自然と詳しくなる環境が提供されます。
また担当となるお客様も、一流企業の役員、部長クラスの方ばかりです。お客様から些細な気遣いをいただく度、自身の人格形成に関しても勉強となり、はっとさせられています。