成長に貪欲な企業で、自分発信の仕事がしたい。AIの活用と分析力でコンサルタントをサポート。

AI・R&D室兼業務企画室
柴田 拓巳  /  Takumi Shibata
2019年入社
TOP »  IR Japanでの働き方 »  柴田 拓巳

PROFILE

学生時代にアルバイト先で出会った先輩から、金融知識の大切さと業界の将来性を痛感。金融企業の中で成長に対しての貪欲さを最も感じ、「一緒に成長していこう」と社長の言葉が決め手となって株式会社アイ・アール ジャパンに新卒で入社。趣味は学生時代から打ち込むサッカーでポジションはゴールキーパー。
イメージ

現在の仕事内容

コンサルタントが必要なデータの収集と財務分析、
株主判明調査の自動化やAI活用を推進

現在、クライアントである大手上場企業の財務分析をはじめ、当社の社内業務で基幹となる株主判明調査についてプログラミングによる自動化、そしてAI活用による業務効率化を図っています。当社のコンサルタントは、担当する企業の株主構造の正確な把握を中心に、株主総会対策やアクティビスト(モノ言う株主)対策まで、多岐にわたる業務に邁進しています。彼らをしっかりサポートするべく、クライアントの同業他社から当該業界に至るまで、必要なデータの収集や分析、ツールの開発などが私の仕事です。いろいろな企業の強み・弱みを把握でき、入社してから金融業界や日本経済に対する知識と視野が格段に広がりました。自分たちが分析したデータが、問題点の発見と解決の糸口になる仕事であると実感しています。

イメージ

仕事のやりがい

業務を依頼されたら120%で返すことを心掛ける
クライアントからの「ありがとう」は望外の喜び

私には定型業務やルーティンワークはないため、日々の業務そのものが新鮮で面白くもあり難しくもあります。金融の知識やプログラミング技術・AI技術など、ほとんどは入社後に習得したので大変でした。普段はコンサルタントと同じ目線に立ってクライアントが抱えている悩みや問題の把握に努め、何が企業価値向上につながるのかを追求しています。その試行錯誤の中に面白さとやりがいは隠れていると感じます。データ分析に基づいた自分の意見も大きな意味をもつので責任はありますが、裁量が広い分やりがいも十分です。実際、業務を依頼されたら120%で返すことを心掛け、業務のその先を想像し、できる限り最善を尽くします。あるクライアントから依頼された業務で依頼内容から利用シーンを想像し、付随のデータをプラスαで添えたところ、「ありがとう」と喜んでいただけたときは嬉しかったです。

イメージ

職場環境について

上司も先輩も成長意欲が旺盛で、
部署を超えて刺激ももらえる

上司や先輩方は仕事や自身の成長に対して貪欲な方がほとんどのため、非常に多くの刺激をいただける環境です。私が所属するAI・R&D室は、当社では珍しくほとんどが理系出身者であり、少数精鋭の部署となっています。ただ部署を超えて多くのコンサルタントと連携を取って案件に対応しますし、さらにクライアントや業界、日本企業全体のデータ取得・分析も行っているため、多くの知見や情報を得られて成長を実感できる環境です。また自身の成長が株式会社アイ・アール ジャパンの決断一つ一つに関わってくる実感がありますし、何よりクライアントの成長・企業価値の向上につながっていると感じられる点が当社の魅力です。

イメージ

学生へのメッセージ

理系の素養や部活動経験も仕事に生きる
高いレベルへ自己成長したい人に最適

学生時代に物性物理を専攻し、超電導などを研究していました。企業での研究開発も考えましたが、会社に動かされる印象は否めませんでした。その点、当社は自分発信で仕事ができ、それが自身と会社の成長に跳ね返ってくる点が魅力でした。また大学時代の研究やサッカー部での活動によって得た問題解決の筋道の立て方、自分なりに問題を発見したらスピーディーに計画を立て、根気強く解決していく力は仕事に大いに生きていると思います。
面接で「共に成長していこう」と語りかけてくださった社長の姿勢に感動したことも忘れられません。心が動く企業かどうかも、新卒者の会社選びでは重要なポイントです。常に自分で考えることを諦めず、自己成長を実現させたいという高い気概がある方は共に働きましょう。